Brain Wiki
Advertisement

第5世代機の発売日当日、突如として Brain Library に現れたポップアップ。多くの憶測を呼んだ。

2021年、例年より少し遅れて、見た目は PW-Sx7 とほぼ何の違いもない PW-S1, PW-H1, PW-B1, PW-J1, PW-A1 が発売されました。なぜこれを新機種として発売したのか?と思われていたところ、Brain Library に「2021年発売の機種では一部のコンテンツは利用できない」という表示が。おや?何か変わったのか?という空気の中、puhitaku 氏が発売当日に店頭購入した PW-B1 を分解解析。結果、

  • SoC が iMX 7 ULP になった
  • DRAM が 1Gbit (128MB) LPDDR2 400MHz になった
  • LCD が MIPI-DSI 2レーン接続になった
  • 既存アプリとの互換性が無くなった

という事実が判明(参考)。第1世代から第2世代への変化以来となる、Brain の新たな時代が始まりました。

対象型番[]

発売時期 中学生 高校生 学校専売 大学生 ビジネス 生活·教養 シニア その他
2021年前半 J1 H1
S1
ES8200
ES9200
B1 A1
2021年後半
2022年前半 J2 H2
S2
ES8300
ES9300
B2 A2 SR4

仕様 (PW-B1)[]

OS 解析中 (μITRON 4.0 準拠 OS の μC3 説が有力)
MPU NXP i.MX 7 ULP
CPU コア Cortex-A7@720 MHz (Armv7-A) + Cortex-M4@200 MHz (Armv7E-M)
GPU Vivante GC7000
DRAM 128MB (LPDDR2 400MHz)
ディスプレイ 5.5型 WVGA+ (854×480) カラー液晶 (横121.1mm×縦68.0mm) タッチパネル対応
ストレージ 内部: 約 500MB (200MB の機種も存在)
外部: microSDHC
外形寸法 (幅×奥行×高さ) 152.4mm×94.5mm×17.9mm (閉時・最薄部・突起部含まず)
152.4mm×94.5mm×18.4mm (閉時・突起部含む)
質量 約 260g (充電池・タッチペン含む)
電源 リチウムイオン充電池

SoC が刷新されたことで処理速度が向上し、従来機種のレスポンスの悪さは大幅に改善されたようです。また、さりげなく対応する SD 規格が microSDHC になっています。なお、第4世代機種に見られた学生用機種への非公式アプリ実行プロテクトは少なくとも2021年の機種では存在しないようです。

解析状況[]

2021年3月2日に初めての第5世代対応公式アプリ (ATR CALL) が発売されました。そこに含まれる実行ファイルは従来の AppMain.exe から AppMain.bin に名前が変わっており、解析によって PE 形式 (Windows で使われる実行ファイル形式)ではなく、ファイルの先頭から実行可能な機械語列が並んでいることが確認されました。加えて、含まれる文字列から RT-PEG32 という Windows 風の見た目をした、Win32 API 風でアプリを書ける C++ の GUI ライブラリを採用している可能性が浮上し、さらにアップデータの解析で μITRON 4.0 準拠 OS の μC3 にまつわる社名 (eForce) や文字列が発見されました。

2022年現在、様々な地道な解析を経て、U-Boot の実行や Linux の起動にも部分的に成功しています。また、その過程で辞書側 OS の API の解析も進んでいます (libbrain)。詳細及び最新の解析状況は Brain HackersScrapbox をご確認ください。Brain Hackers は基本的に Linux を起動することを目標にしています。

Advertisement