Brain Wiki
Advertisement

このページでは、進学して初めて電子辞書を購入される方、新しい機種に乗り換える方のために、それぞれのニーズに合わせた電子辞書を紹介していきます。特に最近の Brain は Windows CE を活用するためにひと手間かける必要があったり、そもそも Windows CE の採用が終了していたりするので注意が必要です。

電子辞書の種類[]

クラムシェル型 (折り畳み型)[]

NCM 0010-1-.jpg

現在一般的に使われている電子辞書のほとんどは、このノートパソコンのような折り畳みできる形です。この形の代表的な電子辞書には、カシオ計算機の「EX-word」、そしてシャープの「Brain」があります。

写真に映っているのが、シャープの歴代の代表的な「Brain」です。大抵、この形のものにはキーボードとタッチパネル付きの液晶画面がついているので、かなり使いやすいです。古いモデルでは、キーボードの手前に手書き用のサブタッチパネルが備わっていたりもします(余談ですが、写真左の PW-TC980 ではワンセグの視聴が出来ました)。

タブレット型[]

NCM 0015.jpg

結構マイナーなタイプの電子辞書です。2021年現在では、カシオから発売されている「EX-word RISE」が該当します。シャープも2012年ごろに、「受験 Brain」の名でタブレット型の電子辞書を販売していましたが、そのうち「PW-GX300」と「PW-GX500」は Windows CE 環境が利用可能です。

その他[]

安価な電子辞書のモデルとして、カード型のものや、モノクロ液晶のものなどがあります(例としてはキャノンの「WordTank」など)。Brain にもモノクロ液晶のモデルや BlackBelly のような形をしたモデルもありますが、これらにはそもそも Windows CE が搭載されていないので、純粋に辞書としてしか使えません。

SHARP Brain ってなんぞや[]

詳細はこちらを読んでいただければと思いますが、シャープ製の電子辞書のブランド名が「Brain」です。2008年に初代モデルが登場して以来、「Windows CE アプリの使える電子辞書」として、一部では有名な辞書でした。その後、非公式アプリの実行にプロテクトが掛けられるようになり一時期 Windows CE 環境の活用が不可能になりましたが、回避ツールが開発されて再度可能になりました。この Wiki では、このような Windows CE 環境の活用を主に扱っています。しかし、2021年に発売された機種では、見た目こそ変化はないものの CPU が久々に変更され、更に従来アプリ(公式含む)の互換性も無くなりました。この新機種の実行ファイル形式は大きく変わっており、さらに Windows CE すら搭載されていない可能性が高まっています。

どの Brain ならアプリが動くのか[]

Brain機種別解説の表の第1世代から第4世代に記載されている機種で活用が可能です。ただし、第4世代では PW-SB5, 6, 7 以外に非公式アプリの起動を遮断するプロテクトが掛かっているため、活用にはひと手間作業が必要です。

おわりに[]

NCM 0005-1-.jpg

いかがでしたでしょうか。「Brain」のことが少しは分かっていただけたかと思います。最後に1つだけ注意事項を。

Brain のことで質問する前に[]

Brain で Windows CE が利用できることが知られてから10年以上が経過し、インターネット上にもかなりの情報が記載されています。もし Brain を活用する上で不明な点があった場合は、まず自力で調べましょう。これは Brain の活用において誰もが通ってきた道です。それでも解決しない、もしくは不十分な場合は、遠慮なく Brain 専用掲示板やコメントで質問してください。かつて同じ経験をしてきたスレ住民、Brain Wiki 利用者の方々がきっと丁寧に解説してくださることだと思います。ただし、注意事項をよく読み、匿名だからといって失礼な書き込みをしないように気をつけましょう。

それでは、便利な電子辞書の世界をお楽しみください。

Advertisement