Brain Wiki
Brain Wiki
124
ページ

このページでは代表的な「Brainでできること」を軽く説明します。

Brainで起動可能なソフトウェアの詳細はBrain用ソフトウェア一覧Brainソフトのおすすめをご覧ください。

また、それぞれの詳細な解説はソフトウェア個別解説を参照してください。

注意: 2021年に発売された第5世代に該当するモデルでは、既存アプリが公式のものを含めて起動不能となっており、現状この Wiki に記載されている内容は使えません。詳細はこちら

BrainでWikipedia[]

Xtbook.jpg

Brainでは「XTbook」又は「EBpocket」というアプリを導入することでmediaWiki形式(Wikipedia、アンサイクロペディアなどで使われているデータ形式)の辞書を閲覧することができる。

Brainに入っている辞書(以下、初期辞書)には書かれていない新しい事柄もWikipediaには書かれている事があるため、導入することによって最新の情報が入った「アップデートできる辞書」となる。

また、記事によっては初期辞書に書かれている情報よりも内容が詳しく、普通の辞書にない情報が手に入る事がある(例:兵器・病気・商品名など)。

なお、Wikiという性質上、情報の正確性は若干劣る可能性がある点に注意。

Brainで動画を見る[]

SUEfPYi MR9WU7s1455986134 1455986141.png

Brainでは元々入っている動画のほかに、「TCPMP」というアプリを導入することで好きな写真の閲覧、動画鑑賞、音楽を聴くことなどが可能。

再生可能形式はjpg、png、mp4、avi、3gp、mkv、aac、wav、flac、mp3などと多岐に及び、これがあればメディアの再生は大体出来る!というソフトである。

Brainに元から入っている理科、世界史などの教材動画はそれはそれで為になるものだが、もし他に好きな動画を見たいならば、このソフトを導入しよう。

(動画のスクリーンショットは満腹神社様の幻想万華鏡より)

Brainで音楽を聴く[]

Q9UnAWWKo7QqvlI1455986155 1455986162.png

音楽は前項で紹介したTCPMPでも聞けるけど、やっぱりカバーアートが表示されないと虚しい…そんなあなたには「Nitrogen」。

NitrogenはMioPocetに格納されている汎用音楽プレーヤー。こちらはmp3、ogg、mp4、3gp、aac、m4a、wavファイルに対応している。

対応形式もさる事ながら、このソフトの魅力は、スキンを変更することでiTunes風になったり、Metroチックにしたり出来、更にそのスキンをツールによって簡単に自作することが出来る点にある。

昨今の音楽再生機器といえばもっぱらiPhoneなどだろうが、BrainのS〇1、S〇2などの機種にはサウンドアンプが付いているので、サブ機の感覚で音楽プレイヤーとして使ってみるのもいいかもしれない。

(画像のカバーアートはDiGiTAL WiNG様のENDLESS Of Paranoiaより)

BrainでBrainのアプリを作る[]

MortScriptやPocketSchemeなどのスクリプト言語の他、DOS窓OpenとPocketGCCを用いることで、Brain上でBrain用のアプリをC言語やC++で作成することが出来る。

Linux の起動[]

Brain Hackers によって開発が進められている Linux ディストリビューション Brainux が利用可能です。

詳しくは Brainux の Wiki を参照してください。