Fandom


【電子辞書を改造】SHARPの電子辞書Brainでできること

【電子辞書を改造】SHARPの電子辞書Brainでできること

このページでは代表的な「Brainでできること」を軽く説明します。

Brainで起動可能なソフトウェアの詳細はBrain用ソフトウェア一覧ソフトウェア総覧をご覧ください。

また、それぞれの詳細な解説はソフトウェア個別解説 を参照してください。

BrainでWikipedia 編集

Xtbook

Brainでは「XTbook」又は「EBpocket」というアプリを導入することでmediaWiki形式(Wikipedia、アンサイクロペディアなどで使われているデータ形式)の辞書を閲覧することができる。

Brainに入っている辞書(以下、初期辞書)には書かれていない新しい事柄もWikipediaには書かれている事があるため、導入することによって最新の情報が入った「アップデートできる辞書」となる。

また、記事によっては初期辞書に書かれている情報よりも内容が詳しく、普通の辞書にない情報が手に入る事がある(例:兵器・病気・商品名など)。

なお、Wikiという性質上、情報の正確性は若干劣る可能性がある点に注意。

Brainで動画を見る 編集

SUEfPYi MR9WU7s1455986134 1455986141

Brainでは元々入っている動画のほかに、「TCPMP」というアプリを導入することで好きな写真の閲覧、動画鑑賞、音楽を聴くことなどが可能。

再生可能形式はjpg、png、mp4、avi、3gp、mkv、aac、wav、flac、mp3などと多岐に及び、これがあればメディアの再生は大体出来る!というソフトである。

Brainに元から入っている理科、世界史などの教材動画はそれはそれで為になるものだが、もし他に好きな動画を見たいならば、このソフトを導入しよう。

(動画のスクリーンショットは満腹神社様の幻想万華鏡より)

Brainで音楽を聴く 編集

Q9UnAWWKo7QqvlI1455986155 1455986162

音楽は前項で紹介したTCPMPでも聞けるけど、やっぱりカバーアートが表示されないと虚しい…そんなあなたには「Nitrogen」。

NitrogenはMioPocetに格納されている汎用音楽プレーヤー。こちらはmp3、ogg、mp4、3gp、aac、m4a、wavファイルに対応している。

対応形式もさる事ながら、このソフトの魅力は、スキンを変更することでiTunes風になったり、Metroチックにしたり出来、更にそのスキンをツールによって簡単に自作することが出来る点にある。

昨今の音楽再生機器といえばもっぱらiPhoneなどだろうが、BrainのS〇1、S〇2などの機種にはサウンドアンプが付いているので、サブ機の感覚で音楽プレイヤーとして使ってみるのもいいかもしれない。

(画像のカバーアートはDiGiTAL WiNG様のENDLESS Of Paranoiaより)

BrainでBrainのアプリを作る編集

MortScriptやPocketSchemeなどのスクリプト言語の他、DOS窓OpenとPocketGCCを用いることで、Brain上でBrain用のアプリをC言語やC++で作成することが出来る。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。