Brain Wiki
Brain Wiki
124
ページ

電子辞書でパズルゲームができたら・・・それは学生の

でもBrainだったら当たり前のごとくできちゃいます

Tetris (Windows CE Games)[]

Brainの世代 対応状況
第1世代 使用可能
第2世代 使用可能
第3世代 使用可能
第4世代 使用可能

導入方法[]

ダウンロードリンク(インターネットアーカイブ)

(詳細はBrainでのアプリの起動方法も参考にしてください)

WinCE3.0用でもWinCE2.1用でもどちらでも構いませんが、必ずARM用を選択してください。MIPS用やSH3用では動作しません。

DLLなどは不要ですから、適当なフォルダを作り、ダウンロードした「tetris.exe」を入れます。

「tetris.exe」は名前を「AppMain.exe」にし、中身が空のファイル「index.din」も作成するかコピーしてきて入れます。

そして、フォルダごとBrainの内部ストレージもしくはSDカードの「アプリ」フォルダに入れてください。

操作方法[]

  • カーソルキー上・・・テトリミノの回転
  • カーソルキー左右・・・テトリミノの左右移動
  • カーソルキー下・・・テトリミノを落とし込む(一発で下まで行くので注意)
  • 決定キー・・・ゲームスタート

「PAUSE」ボタンを押すとポーズ・ポーズ解除「HELP」ゲームの解説と開発者様のクレジットです

ポーズ中もテトリミノの回転・左右移動が可能ですが、ポーズ中に下カーソルキーを押すとポーズが解除されてしまいます。

仕様[]

・・・ご覧の通り、まんまテトリスです。

ただし、ホールド機能はなく、画面もモノクロなのが特徴です。

列数はタテ20列、ヨコ12列と、ゲームボーイ版に比べて横に2列多い格好になります。

ゲームモード及びBGMは無く、非常にシンプルにまとまっています。

一定の得点を得るごとにレベルが上がり、レベルが上がるごとに落下スピードも増します

また、一度に消したラインの本数と現在のレベルに応じて、得点が変わります。

スプリットやワン・ツーなどの消し方の場合はそれに応じた加点が入りますが、全消しについては特別な加点はありません。

備考[]

ごくまれにバグります。

また、テトリミノの出現パターンの乱数は固定(初期化されていない)のため、毎回リセットしてやり直すたびに同じ出目になります。

Tetris[]

Brainの世代 対応状況
第1世代 性能と解像度が不足
第2世代 解像度が不足
第3世代 使用可能
第4世代 使用可能

ライセンスは CC BY-NC-SA 4.0 です。リポジトリにも説明があります。なお、fork 元はここです。

導入方法[]

ダウンロードリンク

上記のリンクの、Assets の中で最も上にある zip ファイルをダウンロードし、解凍します。その中の SHARP Brain フォルダからお好みの言語版を、末尾の _EN や _JP などは取り除いた上でBrainでのアプリの起動方法を参考にして導入してください。なお、低解像度モードでは解像度が足りないので、index.din と同じく空の AppMain.cfg ファイルを作成して同階層に保存するか、ceOpener や explorer などから起動するかして高解像度モードで実行してください。

操作方法[]

ゲームの開始前に、方向キーでモードとレベルを選択できます。

  • カーソルキー上・・・テトリミノの回転
  • カーソルキー左右・・・テトリミノの左右移動
  • カーソルキー下・・・テトリミノを落とし込む
  • 決定キー / スタート・・・ゲームスタート
  • スペースキー / 一時停止・・・ポーズ・ポーズ解除
  • ESCキー / リセット・・・リセット
  • HELP・・・ゲームの解説と開発者のクレジット

音量の操作は、スクロールバーまたはページ送りキーで行います。電子辞書版は使用される状況を鑑み、音量0で起動するようになっています。

仕様[]

SOLYANIK 氏のものよりサウンドが充実し、ゲーム自体もカラー化されています。ゲームオーバーの演出も追加され、より凝った設計になっています。

ただし、サウンド部分が Brain の貧弱な CPU にはしんどいらしく、SOLYANIK 氏のものより重くなっています。それゆえ上部のメニューバーの描画が飛んだりしますが、操作に支障はありません。