Brain Wiki
Advertisement

電子辞書でプレステのゲームを遊ぶ・・・想像もつきませんが、一応、できます。そう、FpseCE ならね。

エミュレータ使用上の注意[]

Windows CE に各種ゲームハードのエミュレータが公開されていますが、パブリックドメインでないROMのダウンロードは日本国内では著作権違反により罰則の対象となりますので、エミュレータを使ったゲームのプレイは自己責任でお願いします。また Brain スレでバカな質問(パブリックドメインでない ROM のダウンロードリンクの質問など)をすると書き込み規制の対象になります。

FpseCE を使う[]

この有様である。電子辞書の定義がいよいよ揺らいできている気さえする。

Brain の世代 対応状況
第1世代 起動できるが実用的でない
第2世代 使用可能
第3世代 使用可能
第4世代 使用可能

ダウンロードリンク

プレイステーションのエミュレータで、Android 用の Fpse も存在しています。Pocket PC 用のアプリなので仕方のないことではありますが、画面は小さいです。重たいですが、まあまあ動いて音も鳴りますノベルゲームあたりならなんとか実用に耐える感じでしょうか。

導入してみよう[]

この時点では画面は真っ黒。PicoDriveVBAdvanceCE と似ています。

(第4世代での導入方法はBrainでのアプリの起動方法も参照)

  1. 上記のダウンロードリンクからダウンロードした zip ファイルを解凍し、生成されたフォルダごと「アプリ」フォルダの中へ入れます。
  2. GAPI for HPC で「Use GAPI Emulator」の項目にチェックを入れます。
  3. そして起動するのですが、第3世代以降の Brain では、辞書アプリの「追加アプリ/動画」メニューから起動すると若干大きい画面でプレイできます(プロテクト付き機種では不可能)。

設定しよう[]

キーコンフィグは親切。ガンコンの設定もできるらしいが、そんなにヌルヌルとは動かない。

メニューバーの「Options」から各種設定ができます。

BIOS を設定し、ROM を読み込ませずに実行すると、SCE のロゴが表示された後、初代プレステの懐かしいメニューが表示される。

Bios
使用する BIOS を選択します。BIOS のファイルは含まれていませんが、PSP とパソコンを使って吸い出す方法や、フリーの BIOS を使用する方法もありますから、自由度は高いと言えるでしょう。
Country
リージョンコードの選択です。「JAP」に設定しないと正常に動作しない場合があります(海外版のソフトから抽出した ROM は別ですが)。
Cpu mode
いじっても特に大きな変化はないので、どちらでもいいです。
Cpu type
ARMV4 を選択します。
Config
ゲーム内で行った設定をセーブすることができます。
Joypad
キーコンフィグの設定などができます。ガンコンの設定もできますが、その設定が活きてくるかは微妙。
Memcards
仮想メモリーカードの管理。
Misc
オーディオ、グラフィックの設定がここからできます。

これらの設定の一部はエミュレート中でも変更可能です。

起動してみよう[]

バイオハザード起動。余談だが、プレステの CPU は CE ユーザーにはお馴染みの MIPS らしい。

左下隅の「Start」から、ROM の形式に従って、ISO/BIN ファイルから読み込むか、EXE ファイルから読み込むかを選択します。お手持ちの ROM の形式に合わせてください。

その後、エクスプローラで ROM を選択すると、エミュレートが開始されます。この時、必ずしも正常にエミュレートできるとは限らないことに留意してください。動作速度は体感で、だいたいねこプロジェクト2と同じぐらいです。

「OPTIONS」キーをタップすると、動作の設定ができる。フレームスキップは切っておいたほうがなめらかに動く。

さて、画面に目をやると、画面下半分はキーパッドに割り当てられています。その中の「OPTIONS」をタップすると、描画と音声の設定ができます。ただ、フレームスキップについてはスキップしても別に速くなるわけではないので、切っておいたほうがなめらかに動きます。また、「メタルギア ソリッド」などのように、複数枚の CD にまたがってゲームデータが記録されているゲームについては、「CHANGE CD」の項目で対応しています。キーパッドですが、基本的にはどれを触っても問題はないのですが、「DIGITAL」に触るとフリーズするので、注意してください。

備考[]

ROM データの取り扱いについて[]

プレステの記録媒体は CD-ROM ですから、パソコンなどで簡単に ROM データを吸い出すことができます。しかし、そのデータをアップロードおよび二次頒布するなどの行為は違法ですから、絶対にやめましょう(冒頭の通り、ダウンロードについても同様です)。また、CD-ROM に記録しているだけあって、ROM データが大きいです。SD カードの容量には余裕を持たせておきたいところです。

アプリの安定性について[]

正式版がなぜか Brain では動かないこともあって、ベータ版(クレジットによるとバージョン0.09.5らしい)を使用していますが、エミュレートの途中で落ちる可能性があります。また、なんらかの不具合を抱えている可能性もあるので、くれぐれも使用は自己責任でお願いします。

Advertisement