Brain Wiki
Brain Wiki
124
ページ

スクリプト[]

MortScript[]

MortScriptは、WindowsCEで実行できるBASICライクなスクリプトです。MioのMortScriptフォルダの中に入っています。

MortScript.exe:スクリプトを実行する本体。

autorun.exe:同じ名前のmscrファイルを実行する。

実行するには、スクリプトを拡張子を.mscrにして保存し、あらかじめMortScript.exeを起動した状態で、スクリプトをエクスプローラーなどから開いてください。MortScript.exeは実行しても.mscrファイルの関連付けを行うだけです。別に実行スクリプトが必要です。

EXE(実行可能アプリ)の作成[]

Pocket GCC(pgcc)[]

PGCCDOS窓Open とTestCE をダウンロードします。

TestCEを起動し、黄色い箱のアイコンを押してDOS窓Openのcabファイルを選択して解凍します。

こちらをダウンロードして、CE5のフォルダの中にあるaygshell.dllというファイルをDOSMadoOpenのフォルダにコピーします。

DOS窓OpenをSDカードまたは本体メモリーに移動します。

ポケットGCCの中のPGCCとテストを\NAND3におきます。

BAT_CCでコンパイルする時はprojectを\NAND3に入れてください。

※ちなみにbuild.batはコンソールアプリケーション用、winbuild.batはwin32プログラム用です。

DOS窓Openを起動します 。

第3世代Brainは初回起動時にたくさんのウィンドウが出てくるので暫く待ち、ceOpenerSelectorで一つずつ消してください。 

Task SwitcherのSettings Managerで設定を保存します。リセット後に設定をロードしてからDOS窓Openを起動すると、この現象は起きません。

DOS窓Openのmenu>>optionsを開き、generalタブのenable~とある項目三つにチェックを入れます(これでビルド時にエラー内容が出力されるようになる)。

DOS窓Openでバッチ(拡張子は.bat)を実行するのでcdコマンド又は menu>>openで好きなバッチを実行してください。 例えばテストを実行する時は、テストとPGCCをNAND3に入れるかバッチを書換えて下さい 。

ビルドしたら、ソースコードがある場所にEXEがあるので実行します。  これがPocket GCCの使い方です。

Dialect[]

もう一つの方法は、Dialect言語を使うことです。

これは、cab形式なのでTestCE でCABインストールしてください。

これをそのまま MioPocket for Brain\MioAutoRun\System に入れたら動作します。File>>MakeEXEでEXEが作られます。

Pocket C#[]

実際の動作報告はまだありませんが、pocket C#を使う方法もあります。

psharp console.zipをダウンロード

CAB形式なのでTestCEでcabインストールします。

cabインストールしたpcsharpの中身

  • C# コンパイラ(cscc-cs)
  • IL (intermediate language) アンセンブラ (ilasm)
  • リンカ (ilalink) ・これらのツールのラッパー (cscc)
  • xml ベースのビルドツール (csant)
  • ランタイムライブラリ - standard Microsoft .NET CF
  • サンプルアプリケーション

CABインストールしたconsoleの中身を¥windows又はコンパイラのあるフォルダーの中に入れて、\ポケットGCC\testの中にあるバッチファイルを書き換えたらできると思われます。もしビルド出来たらお知らせください。