Brain Wiki
Advertisement

Brain でプレイ可能なホラー FPS には Doom がありますが、実は後発の「Duke Nukem 3D (デューク ニューケム スリーディー)」もプレイ可能です。

Duke Nukem 3D とは[]

1991年に 3D Realms 社より 2D の縦横スクロールシューティングゲームとして発表された「Duke Nukem」シリーズの3作目に当たる、1996年1月29日発表の「Duke Nukem」シリーズ初の FPS ゲーム。まず MS-DOS 向けにリリースされ、その後セガサターンやらプレイステーションやら Mac OS やらに移植されていき、メガドラやゲームコムなどへの無茶移植も経て、気がついたら Windows CE 版まで出ていた、世界的に有名な作品です。それまで FPS というジャンルを席巻していた「Doom」には存在しなかったギャグ要素上下方向の概念などが盛り込まれた本作は、後続の FPS に大きな影響を与えたとも言われています (Wikipedia より)。先発の FPS が「Doom」ですから、なんとなく Doom ライクな感はありますが、実際に遊んでみると、現在の FPS に通ずる要素も多く、違った楽しみ方ができます。また、Windows CE 版では、cfg ファイルを編集することでユーザーサイドで自由にキーマップや表示解像度などを変更できるのも特徴的です。

導入してみよう[]

まさかのフルスクリーン。しかもゲームの本編までもがフルスクリーンで動くから驚かされる。

ダウンロード (デモ版) ※ Brain 向けに必要ファイルを追加した上で、解像度や操作の設定を最適化してあります。

リネーム等は必要ありませんので、ダウンロードした zip ファイルを解凍し、生成されたフォルダごと「アプリ」フォルダに突っ込んでください(第4世代での導入方法はBrainでのアプリの起動方法を参照)。次に、GAPI for HPC の設定をします。タブの右の方にある右矢印をタップして、「Emulator」のタブを表示させてください。ここで「Use GAPI emulator」のチェックボックスにチェックを入れます。詳細はこちらを参照してください。そして起動するのですが、解像度はデフォルトでは 480x320 に設定してあります。この画面サイズは第1世代第2世代の画面サイズですが、第3世代以降の場合、辞書アプリの「追加アプリ/動画」のメニューから起動することで、解像度を合わせることができます(ceOpenerTask Switcher からでも起動できますが、フルスクリーン表示はできません)。

遊んでみよう[]

操作方法[]

キーの配置表。やってるうちに慣れるはず。

  • 上下キー: 前進・後退
  • 左右キー: 右・左を向く
  • 決定 (Enter): 射撃
  • スペースキー: ドア開閉
  • シフトキー: ダッシュ
  • J: インベントリ
  • P: インベントリ左
  • U: 十字線表示・非表示
  • Q: クイックターン
  • D: キック
  • X: ジャンプ
  • C: しゃがむ
  • W: 上を向く
  • A: 左を向く
  • S: 右を向く
  • D: 下を向く
  • 戻る: メニュー表示

大まかな操作は以上になります。一応、両手でタイピングしてる風に操作できるように配慮しています。また、射撃は画面をタップすることでもできますが、やりづらいのでおすすめはしません。

メニュー画面[]

色々と Doom っぽいメニュー画面。「OPTIONS」ではグラフィックの設定ができる。

ステージ選択画面。プレイできるのは「L.A.MELTDOWN」のみ。ロサンゼルスでメルトダウンってやばいでしょ...

最初に表示されるメニュー画面は、こんな具合になっています。

  • NEW GAME: 新しくゲームを始める。
  • OPTIONS: グラフィックや音声をいじる。
  • LOAD GAME: 続きから始める。
  • HELP: ゲームの設定を読む。
  • CREDITS: クレジット。何も出てこない。
  • QUIT: ゲームをやめる。

「HELP」には、操作方法が明記されていますが、操作方法を変えてあるので意味はないです。また、「LOAD GAME」は、セーブをしないと使用できません。オートセーブ機能はないので、こまめにセーブをするようにしましょう。「NEW GAME」を選ぶとステージ選択画面が出てきますが、4つのうちプレイ可能なのは一番上の「L.A. MELTDOWN」のみです(探せばフリーの自作ステージがあるかもしれませんが...)。ちなみに他のステージを遊ぼうとするとゲームが終了してしまうようです。デモ版だし、仕方ないね。ステージを半ば強制的に選ぶと、難易度の選択画面に移ります。一番上の「PIECE OF CAKE」がいわゆる「やさしい」で、一番下の「DAMN I’M GOOD」「むずい」です。お好みの難易度をどうぞ。

いざ、遊ばん[]

電子辞書で動かすことを考えると(しかもフルスクリーンで)わりときれいなグラフィック。GUI は Doom に似てますが、おっさんの顔は表示されません。

一通り設定し終えて、いよいよゲームスタートとなります。初期装備は拳銃一丁にパラべラム50発。まあ標準的なスタートとなります。時間制限とかはない(はず)なので、まずはスポーン地点のまわりで一通りキーボードでの操作に慣れてみましょう。スポーン地点はビルの屋上で、まだ敵はいませんから、まずはキーが正常に反応することを確かめてください。

そこらへんにあるものは大概ぶっ壊せます。まずは下へ降りましょう。

操作に慣れてきたら、早速戦闘開始です。まず辺りを探してみてください。拳銃弾とかはよく落っこちていますから、後半でジリ貧にならないように、なるべくアイテムは拾っていきましょう。アイテムを拾い終えたら、下へ降りるのですが、下へ通じているのはでっかい換気口だけ。でもそのまま入ったらデュークがユッケになっちゃいます。じゃあ、どうするのか。構わず換気口を撃ってください。こんなちんけな拳銃でも、大概のものはぶっ壊せるようです。

色々と倒して、探し回っていたら、RPG を発見。一見すると行けなさそうな場所に、おいしいアイテムが転がっています。

下へ降りると、早速エイリアンが待ち構えています。決定キー連打です。このゲームの敵キャラ、うまーく隠れて死角から撃ってきたりするので、周辺の確認は怠りたくないです。背後に回り込まれたらクイックターンで素早く後ろを向けるので、ぜひ使っていきたいところ。敵キャラの配置もさることながらアイテムの配置も巧妙で、一見すると行けそうにないところでも、アスレチック感覚でたどり着きさえすれば序盤からかなり強力な武器も手にできます。ただぶっ殺すだけでない、様々な要素が組み合わさった、面白いゲームです。この先は自分の目でお確かめください。

ポーズとセーブ[]

潤沢なセーブスロットには、いつでもプレイ状況をセーブできる。この点に関してはものすごく親切。

プレイ中に「戻る」キーを押すと、ポーズメニューが表示されます。ここからゲームのプレイ状況をセーブすることができます。セーブスロットは全部で10かなり贅沢に使えます。基本的には、どれだけ戦局が悪かろうと、いつでもセーブが可能です。セーブをしておけば、次回はそこから開始できますし、死んでしまっても最新のセーブ地点から再開させてくれます。ステージが1つしかない代わりに結構なボリュームのあるゲームですから、セーブは欠かさずにしておきましょう。

備考[]

DUKE3D.cfg について[]

DUKE3D.cfg。これをいじることでキーの配置や画面解像度などを自由に変更できる。

Duke Nukem 3D の実行ファイルと同階層にある設定ファイル、「DUKE3d.cfg」。この中身を編集することで、自由にキーの配置、解像度、音声の再生レート、その他もろもろの細かい設定が可能になります。これを編集する際には特別なアプリは必要ありません。Brain でも KN MemoPad とかを使えば編集できます。

解像度を 800x480 にした結果。えらく美麗になったものの、ゲームのロード中にアプリが落ちる結果に。

ただ、解像度を第3世代の 800x480 にした結果、アプリが強制終了してしまいました。解像度はあまり上げすぎないほうが良さそうです。ちなみに解像度を下げるとフレームレートが向上するので、多少の画面サイズを割り切ってもゲーム性を重視したい方は 320x240 の解像度で辞書アプリから起動するといいでしょう。キーの配置については特に問題は発生しませんでした。お好みの配置にして、より快適にプレイできるようにするのも良いですね。

Advertisement