Brain Wiki
Brain Wiki
124
ページ

Brainの世代 対応状況
第1世代 使用可能
第2世代 使用可能
第3世代 使用可能
第4世代 使用可能

パソコン通信の時代から愛され続けているキャラクタベースのコンピューターRPGゲーム「JNetHack」がBrainでも遊べます。

JNetHackとは[]

1987年に「Hack」というローグライクゲームに大幅な要素追加・拡張を行って誕生したダンジョン探索型ロールプレイングゲーム、「NetHack」の日本語版です。

JNetHackの「J」は日本語版であること、「Net」は各種要素のアイデアを当時のパソコン通信などで収集したことが名前の由来とされています。

このゲームの特徴は、文字で表現された画面

ダンジョンの構成物からキャラクター、アイテムにいたるまで全てがUS-ASCIIによって文字で表現されています

このゲームの目的は、ダンジョンの最下層にある「イェンダーの魔除け」の奪回、そして迷宮を脱出して天上界に昇り、それをプレイヤーの属性の神に捧げることです。

イェンダーの魔除けを捧げるとゲームクリアとなります。

プレイヤーは、13の職業(後述)の中から好きな職業を選び、ダンジョンを攻略することができ(コンピューターにランダムに決定してもらうことも可能)、モンスターの死体を食べたり、薬品を飲んだりして有利な特性を身につけたりすることもできます。

それらに加えて、特徴的な口調のシステムメッセージや、通常では見られないメッセージ、レアな体験なども多く含まれ、やりこみ要素が満載です。

JNetHackで遊ぼう[]

導入してみよう[]

JNetHackのプレイには別途で24termというソフトと専用のフォントが必要。一緒にダウンロードしておこう。

(詳細は「Brainでのアプリの起動方法」も参照。)

ダウンロードリンク(JNetHack)

ダウンロードリンク(24term)

JNetHackのプレイには、JNetHack本体に加えて、80x24行表示用ターミナル「24term」が必要です。

上のリンクからJNetHackと一緒にダウンロードしてください。

「jnharm.lzh」展開して、「JNetHack.exe」「AppMain.exe」にリネーム、空のファイル「index.din」を作成して、「アプリ」フォルダに入れます。

次に「24term」を導入します。

「24termarm.lzh」展開すると、

  • 24term.exe
  • k12x10.ttf
  • readme.txt

という、3つのファイルがあります。

まず、「24term.exe」をBrainの「Windows」フォルダにコピー&ペーストします。

次に、「k12x10.ttf」をBrainの「Windows」フォルダの中にある「Fonts」フォルダにコピー&ペーストします。

これで導入は完了です。24termはBrainをリセットするたびに導入しなおす必要があるので、SDカードかNAND3のわかりやすいところに置いておくとリセット後の作業が楽です。

操作方法[]

大文字はシフトキーとの同時押しで入力します。

記号を用いるコマンドは、スクリーンキーボードもしくはceOpenerのinputswitchを使用してください。

その他の細かいコマンドはJNetHack同梱の「jGuidebook.txt」を参考にしてください。

移動[]

Brainのキーボードでは記号が入力できないため、このキーマップ表に含まれていないコマンドがいくつかあります。

  • カーソルキー・・・移動
  • h,j,k,l,y,u,b,n・・・移動
  • H,J,K,L,Y,U,B,N・・・ぶつかるまで移動
  • m・・・指定された方向の物の上に乗る
  • .(ピリオド)・・・その場で1ターン休憩
  • <・・・階段を上る
  • >・・・階段を下る
  • s・・・周囲の隠し扉・罠を探す

アイテムの管理・利用[]

  • i・・・所持品の一覧を表示する
  • c・・・未判別のアイテムに名前をつける
  • d・・・所持品を落とす
  • e・・・食料を食べる
  • w・・・武器を構える
  • t・・・物をひとつ投げる(手にしている武器が弓の状態で矢を選択すると、矢を射る)
  • r・・・魔法の巻物を読む
  • q・・・飲み薬を飲む
  • z・・・魔法の杖を振る
  • P・・・装飾品を着ける
  • R・・・装飾品を外す
  • W・・・鎧を着る
  • T・・・鎧を脱ぐ

システム[]

  • S・・・セーブして終了
  • Q・・・ゲームを放棄する
  • v・・・バージョン情報の表示

遊び方[]

起動したら、名前の登録と職業の選択を行います。

まず、起動したら名前を登録して職業を選択します。

日本語名の場合、6文字以上の名前で登録すると6文字目以降が表示されません。

名前には漢字も使用できます。

また、セーブデータをロードする際には、セーブ時に設定していた名前を入力することで復帰できます。

職業はコンピューターにランダムに決定してもらうこともできますが、なるべく自分で決めたほうが後が楽です。

「キャラクターを選びましょうか?」と表示された時に「n」キーを押せば、自分で選べます。

職業は以下の13種類の中から選ぶことができます。

  1. 考古学者・・・初期装備でムチとつるはしを装備している。宝石の鑑定能力に優れる
  2. 野蛮人・・・戦闘能力が高く、初期装備が充実している。毒への耐性があり、初心者向き
  3. 洞窟人・・・野蛮人に似ているが、刀剣類の扱いがやや不利。初期装備で飛び道具を持っている
  4. エルフ・・・機敏かつ鋭敏な感覚の持ち主。バージョンが古いため職業として存在している。
  5. 戦士・・・初期装備で変化の杖を持っている。JNetHack独自の職業。
  6. 薬師・・・薬術に長ける。武器はメス一本と貧弱な代わりに、薬をわんさか持ち歩いている
  7. 騎士・・・重武装でめっちゃ強そうなのに騎士道精神にのっとった制約が多い。馬を連れ歩く。
  8. 僧侶・・・アイテムを拾った際に呪われているかどうか判別できる。魔法と鈍器の扱いが上手い。
  9. 盗賊・・・逃げ出した敵をシバくのと、投げナイフの技術に長ける。「ローグ」は盗賊という意味。
  10. ・・・剣も弓も使いこなし、初期装備が充実し、キック力が強い強力な職業。防御が弱いが、身軽。
  11. 観光客・・・アロハシャツを着用し、金と飯をいっぱい持ってる強力な職業。お察しください
  12. ワルキューレ・・・優れた初期装備と能力を有する、初心者でもプレイしやすい職業っていうか半神
  13. 魔法使い・・・肉体能力は低いが魔法のアイテムを多数所持し、数多くの魔法を使いこなせる

移動するまでダンジョンの構成はわかりません。ただし、一度踏み入れた場所はちゃんと記録されます。

職業を選択し、あらすじが解説された後、ゲームが始まります。

ダンジョンの内部は、一度足を踏み入れるまで構造がわかりません。

逆に、一度行ったことがある場所であれば、構造が記録されます。

ダンジョンの内部も全て文字で表現されており、それぞれの文字が対応しているものは以下のとおりです。

  • | もしくは ー ・・・壁
  • +・・・扉または呪文の書かれた魔法書
  • #・・・通路もしくは台所の流し台
  • .(ピリオド)・・・床
  • ^・・・罠
  • @・・・人間
  • $・・・金塊の山
  • )・・・武器
  • [・・・服またはなんらかの防具
  • %・・・食料(衛生的とは言ってない)
  • ?・・・巻物
  • /・・・杖
  • =・・・指輪
  • !・・・水薬
  • (・・・便利なアイテム
  • "・・・魔除けもしくはクモの巣
  • ・・・宝石もしくは大したことのない石ころ
  • '・・・岩もしくは彫像
  • 0・・・鉄球
  • _・・・祭壇または鉄の鎖
  • }・・・水たまり、堀もしくは溶岩の海
  • {・・・泉
  • \・・・豪華な玉座
  • なんらかのアルファベット・・・モンスターとか

備考[]

24termが「Windows」フォルダにコピーできない[]

コントロールパネルの「System」で、メモリを全てプログラム実行用に割り当てていると、24termおよびフォントを貼り付けることができません。

保存用の空きメモリ領域を339KB以上割り当てることでコピペできるようになります。