Brain Wiki
Advertisement

Brain で使える Windows CE のアプリはいろいろありますが、それらの中には個人でアイコンを好みに合わせて変更できるものがあります。この記事では、それらのアプリのアイコンを書き換える方法を解説していきます。

Resource Hacker を使ってアイコンを編集する[]

この方法では、Windows がインストールされたパソコンが必要になります。

Resource Hacker とは[]

Resource Hacker

「Resource Hacker」の名の通り、アプリや DLL のリソースを編集するツールです。上記サイトよりダウンロードしてください。

「リソースの編集」と聞くと、とっつきにくいイメージがありますが、アイコンの変更自体はかなり簡単にできます。

まずはアイコンの用意から[]

高機能ドット絵エディタ「EDGE」でアイコンを作成している様子。アイコンファイル (.ico) でのエクスポートにも対応している。

アイコンに使用されるファイル形式は「.ico」というものです。アイコンを作成する上ではEDGEなどのペイントツールが便利ですが、最初から入っている「ペイント」でビットマップを作成し、@icon変換などのツールで .ico に変更しても大丈夫です。また、自分で作成せずにフリーのアイコンをダウンロードしても構いません。ただし、アイコンのサイズは 16x16 や 32x32 など、2の累乗数にしておかないと、あとでアイコンが切れたりする場合があります。

Resource Hacker の使い方[]

Resource Hacker を使用している様子。ここでは TCPMP のアイコンを WMP 風に変更している。

Resource Hacker を起動したら、「File」から「Open」を選択し、編集したいアプリを開きます。すると左のツリー表示欄に「Icons」と書かれたフォルダが表示されます(表示されない場合はアイコンが元から登録されていません)。

アイコンを変更した TCPMP を Brain に転送した結果。ちゃんと反映されました。

そのフォルダをクリックして、そこで表示されたアイコンを今度は右クリックするとメニューが表示されます。「Replace Icon」から変更したいアイコンファイルを選択して、既存のアイコンを置き換えてください。

動作も問題なし。普通にメディアが再生できます。

アイコンを変更した後は、「File」で Save してください。このとき、編集した exe ファイルと同じフォルダに、元の exe ファイルがバックアップとして作成されます。あとは、Brain の SD カードか内部ストレージに移動して、ちゃんと変更されているか、問題なく動作するかを確認してください。

また、Resource Hacker でアプリのアイコンを変更しようとした際に、なぜか保存できない場合がたまにあります。この場合、Resource Hacker を閉じる際に変更を保存するかを尋ねられますが、ここで保存すると変更は反映されないばかりか Brain で起動しようとすると「こんなん CE のアプリちゃうで!」と表示されます。変更できるかどうかは、アプリによります。うまくいかなかったときは仕方がないものと思ってください。

注意事項[]

Resource Hacker は大変便利なツールですが、誤って使用するとプログラムの機能が失われる可能性があります。ですから、あくまでご利用は自己責任でお願い致します。

改変することが禁止されているアプリについては、アイコンは変更しないであげてください。また、アプリケーションは大事な著作物ですから、Resource Hacker の機能を乱用することなく、決して悪用することのないようにしてください。

Advertisement