Brain Wiki
Advertisement

Image-1487519128.jpeg

ceOpener は、Knatech 氏が作成されたタスク管理・アプリケーションランチャー機能を持つ仮想デスクトップ生成アプリです。Grain 氏が作成された第2世代以降にも対応する日本語版がありますので、こちらを推奨します。

導入[]

説明文書 / Knatech 氏オリジナル版 / 第二世代・第三世代対応日本語版 (Grain 氏)

上記の URL より、ceOpener をダウンロードして解凍します。

フォント[]

まず、Task Switcher をダウンロードして解凍します。

システムフォントとして MS ゴシックを使用したい場合は、Task Switcher の FONTS にある「MS UI Gothic.bat」を、メイリオを使用したい場合(Windows 7 以降)は、「Meiryo UI.bat」を PC で実行します。すると、パッチされた「jptahoma.ttc」というフォントファイルが作成されます。そのフォントを、ceOpener の fonts フォルダにコピーしてください。なお、フォントが ttf の場合、出力の名前を「jptahoma.ttf」にしてください。追加で使用したいフォントがある場合、そのフォントファイルも ceOpener の fonts フォルダにコピーしてください (ttf/ttc のみ対応)。

壁紙[]

ceOpener の wallpapers フォルダにご利用の電子辞書の画面サイズに合った JPEG 画像を配置することで、好みの画像を壁紙に追加できます。第3世代以降では、解像度の問題で最初から入っている壁紙のサイズが合いません。こちら から第3世代以降の画面サイズに合った壁紙をダウンロードできます。もちろん、自分で好みの 800×480 の画像を入れても構いません。

起動[]

PC と Brain を接続し、ceOpener フォルダを Brain の「アプリ」フォルダにコピーしてください。これでインストールは完了です。追加アプリ・動画に ceOpener が表示され、起動できるようになったはずです。ただし、第4世代の場合はBrainでのアプリの起動方法に従ってください。

タスクバー[]

ceOpener を起動すると、画面下にタスクバーが表示されます。タスクバーの左端に「スタート」ボタンがあり、その横に起動中のアプリ一覧が表示されます。タスクバーの右側の通知領域には、プラグインの設定メニューや時計などが表示されます。起動中のアプリは、多くがそのアプリ名もしくはそのアプリが開いているファイル名の形で一覧に表示されます。また、辞書アプリは「SHARP Simulator」という名前で表示されます。それぞれのアプリ項目を長押しすると、以下のポップアップメニューが開きます。

強制終了
そのアプリを強制終了します(失敗する場合もあります)。
最小化
そのアプリをバックグラウンドにします。
閉じる
そのアプリを閉じます。

また、タスクバーの右端の三角形の形のアイコンを押すと、タスクバーを畳み込むことができます。再度押すとタスクバーが復元されます。

スタートメニュー[]

タスクバーの左端の「スタート」ボタンを押すと、スタートメニューが表示されます。

マイ デバイス
エクスプローラーが起動します。
コントロール パネル
設定画面が表示されます。なお、第2世代及び第3世代ではコントロールパネルの項目が削除されているため、こちら からダウンロードしたファイルを \Windows に入れてください(リセットは不要です)。
実行...
フルパス入力またはフォルダツリーからファイルを実行することができます。
すべてのプログラム
\NAND3\アプリ もしくは \Storage Card\アプリ にあるアプリ一覧が表示され、起動することができます。なお、この場合、辞書側から起動するときと同様のファイル構成(実行ファイル名が AppMain.exe、同階層に index.din ファイル)にする必要があります。
プラグイン
各種プラグインの設定メニューが表示されます。なお、このメニューはタスクバー右側のアイコンからも表示させることができます。
設定
ceOpener の設定メニューが開きます。
辞書アプリを閉じる
Brain の辞書アプリを終了します。既に閉じている場合は「辞書アプリを開く」という名前になり、逆に辞書アプリを開きます。
ceOpenerの終了
ceOpener を終了します。

プラグイン[]

ceOpener は、プラグインを追加することで機能を拡張することができます。なお、Grain 氏の第2世代第3世代対応版には、プラグインが全て入っています。

InputSwitch
日本語入力用のプラグインです。第2世代(サブタッチパネルのある機種)ではサブタッチパネルより、第3世代以降では ceOpener の設定で割り当てたキーより入力文字の切り替えを行います。日本語を入力する場合、スペースキーで漢字変換を行うことができます。また、第3世代以降では「サブタッチパネルを使用する」のチェックを外すことで記号入力が可能になります。
第2世代以降の場合はハイフン、スペース/変換キーの割り当てが合いません。第2世代・第3世代用(リンク切れ)を PLUGINS フォルダの中に入れて、「スタート」->「プラグイン」->「InputSwitchの設定」->「ハイフンとShift+ハイフンの機能を入れ替える」にチェックすると正しい割り当てに修正されます。
KeyBinder
キーの割り当てを行うプラグインです。Brain のキーボードにはないキーやアプリの実行などに割り当てるキーを設定できます。また、割り当て状態のインポート及びエクスポート機能があります。
OpenerShot
スクリーンショットを撮影できるプラグインです。スクリーンショットの保存に使用するフォルダを作って OpenerShot の設定で登録し、設定 -> キーの割り当て からキャプチャ時に使用するキーを設定します。
PowerManager
電源管理、明るさの調整などの設定を行うプラグインです。
OpenerPointer
タッチパネルを持たない機種用の、仮想カーソルプラグインです。

設定[]

ceOpener の設定 -> 表示[]

ceOpener のメニューなどに使用するフォントや配色、壁紙の設定を行います。配色は自分で作成することもできます。

設定ファイル 配色
デスクトップ desktop=#RRGGBB
タスクバー taskbar=#RRGGBB
タスクバーの文字 taskbartext=#RRGGBB
アクティブなタスク項目 activeTaskItem=#RRGGBB
アクティブなタスク項目の文字 activeTaskItemText=#RRGGBB
スタートメニューのボタン mainMenuButton=#RRGGBB
スタートメニューのボタンの文字 mainMenuButtontext=#RRGGBB
スタートメニューの文字 text=#RRGGBB
スタートメニューの表面 menuFace=#RRGGBB
スタートメニューの影 menuShadow=#RRGGBB
選択項目 selectedItem=#RRGGBB
選択項目の文字 selectedText=#RRGGBB

KN MemoPad などのテキストエディタで、「配色」の縦の列のように記述し、\アプリ\ceOpener\colors の中に、拡張子を .dat にして保存します。"RRGGBB" の部分には16進数で色を指定します。HTML/CSS と同様に 0 から f までの数字を用い、数字が小さいほど暗く、大きいほど明るくなります。前から二桁ずつ赤、緑、青を表します。

【例】

desktop=#FFFFFF(白色)

taskbar=#008080(鴨の羽色)

taskbartext=#00FF00(ライム色)

activeTaskItem=#00FFFF(水色)

activeTaskItemText=#000000(黒色)

mainMenuButton=#FF0000(赤色)

mainMenuButtontext=#000000(黒色)

text=#000000(黒色)

menuFace=#000080(ネイビー)

menuShadow=#C0C0C0(シルバー)

selectedItem=#008000(緑色)

selectedText=#000000(黒色)

ceOpener の設定 -> 半透明[]

タスクバーなどの半透明度を設定します。なお、半透明にした場合、透けて見えるのは設定している壁紙部分になります。

ceOpener の設定 -> 効果音[]

ceOpener の起動や操作時の効果音を設定します。.wav 形式のみに対応します。

キーの割り当て[]

ceOpener 及びそのプラグインのショートカットキーの割り当てを行います。「機能」はシフトキーのことを指します。

Advertisement