Brain Wiki
Advertisement

BrainでPC-98のページで解説されている NekoProject2 (以下 NP2 と表記)。しかし、エミュレートするものが PC のため手順がゲーム機のエミュレータとは異なり、導入が難しい部分があります。特に、ハードディスクイメージを作成する必要があるのが難点です。しかし、ハードディスクイメージは1度作ってしまえば、あとは簡単です。この記事では、そんな NP2 用のハードディスクイメージの作成方法を解説していきます。

ここでの方法に関しては、Windows がインストールされた PC が必要となります。

まずはツールの用意から[]

DiskExplorer[]

ハードディスクイメージ編集ツール「DiskExplorer」。ファイルエクスプローラと似た感覚で操作できる。

DiskExplorer

まずはこれがないと始まりません。上記リンクよりダウンロードしてください。インストールは不要です。このツールを使用して、ハードディスクイメージを作成していきます。

ディスクイメージと言うと難しそうな雰囲気がありますが、ファイルエクスプローラと同じような感覚で作業ができます。また、作成済みのハードディスクイメージは編集が可能ですから、一度作ってしまえばソフトの追加も容易です。頑張ってここで作ってみましょう。

PC-98 用 DOS[]

PC-98 用の MS-DOS があれば一番いいのですが、それはちょっと非現実的なので、ここではオープンソースの互換 OS「FreeDOS(98)」を使います。FreeDOS(98) を探してもいいですが、導入が大変なので DOS 初心者の方はこちらから、FreeDOS 導入済みのハードディスクイメージのサンプルをダウンロードしてください。これだけでも NP2 に読み込ませれば DOS は起動します。テンプレートとなるハードディスクイメージファイルがあれば、あとはコピーして中身を差し替えていけば基本的には大丈夫です。

ハードディスクイメージを編集する[]

PC-98 のソフトを追加してみよう[]

今回は、Vector で配布されているフリーのレースゲーム、「タイニーF1」を例に、追加してみたいと思います。

「tinyf1」の中身。これらをまとめてハードディスクイメージの中にブチ込むわけだ。

フォルダ分けして、後で編集しやすくするのがコツ。ファイル名はなるべく簡単なものにしておくと、あとでコマンドを打つとき楽です。

ダウンロードしてきた「tinyf1.lzh」を解凍すると、画像のように大量のファイルが含まれていると思います。これらを全部ハードディスクイメージの中に突っ込んでいくわけですが、このまま入れるのはさすがによろしくないので、整理します。DiskExplorer でハードディスクイメージを開き、何もないところを右クリックすると、メニューが出ます。そこから、「新規ディレクトリの作成」を選択します。これで、新しいフォルダがハードディスクイメージの中に作成されるので、わかりやすく「tinyf1」とリネームします。こうするのは、あとでソフトを起動する際に、コマンドで読み込む作業を極力楽にするためです。そのフォルダの中に先ほどのファイル群をまとめてコピーします。

ちなみに、他のソフトの場合もおおむね同様です。詳しい導入の方法については、ソフトをダウンロードする際に説明書も付いてくるかと思うので、そちらを参考にするといいでしょう。

起動しよう[]

Brain での操作[]

NP2HPC の使用画面。スクリーンキーボードは必須アイテムかも。

作成したハードディスクイメージを「NekoProject2」に読み込ませます。メニューから「HDD」を選択して、ハードディスクイメージを選びます。そして、ここからが重要なのですが、DOS は基本的にコマンド操作なので、コマンドで起動したいソフトを指定する必要があります。Brain の「決定」キーを2回押すと、C:>と表示されますね。そうしたら、cd (起動したいソフトの含まれるフォルダの名前)と入力してください。文字間スペースがおかしいですが、気にせず、間違えないように入力します。すると、C:¥(フォルダの名前)>と表示されるので、起動したいソフトの名前を入力します。このとき、拡張子は不要です。そして「決定」キーを押して、ソフトが起動すれば成功です。

無事、起動できた。書き込み、読み込みともに問題なし。

さすがにエミュレータですから、PC-98 用を謳ったソフトなら何でも動くということはないですが、だいたいのソフトは動きます。足りないキーを補完するのに少々気を使いますが。とにかく、これで PC-98 のソフトが使えるわけですから、いくらかアプリの選択肢も増えるのではないでしょうか(さすがに重いですが)。もちろん、ハードディスクイメージ内に複数のソフトを入れておいてもいいですし、わかりやすくソフトごとにハードディスクイメージを作るのもいいでしょう。使いやすいように運用してください。

その他[]

東方 Project の旧作などについて[]

i386 命令ができるように改造された NP2HPC で東方の旧作を動かしている様子。実用性うんぬんよりも意地だけでやるやつ。

東方 Project の旧作は、他のブログや解説サイトで述べられている通り、できません・・・というより、そのままでは、できません。

NP21 for PSP のソースコードと組み合わせるなり、有志の方が作成してくださった改造版を、問い合わせて譲っていただくなりして、i386 命令に対応した NP2HPC を入手すれば、動かすことはなんとか、できるようです。ただ、そこはあくまで電子辞書ですから、さすがに処理はキツく、結局は「できない」に等しい状態です。東方 Project をやりたいのであれば、Flashハックロムを使用するのが近道かもしれません・・・

Advertisement