Brain Wiki
Advertisement

PW-AC880 からコンテンツ数を減らして廉価版とした PW-AC830 の解説です。

PW-AC830 とは[]

PW-AC830。同時に発売された PW-AC880 とハードは同一だが、カラーバリエーションが豊富に用意されていた。

発売日[]

2008年8月。PW-AC880 と同日で、姉妹機の関係にあります。

スペック (詳細は第1世代を参照)[]

活用の可否 Windows CE 利用可
CPU ARM926EJ-S (ARMv5TEJ)
MPU 東芝 TMPA910CRAXBG
RAM 64MB
ディスプレイ 5型高精細 HVGA カラー TFT 液晶(タッチパネルはまだ非搭載)
サブタッチパネル 128x98
ストレージ DSK1 (SD カード)
DSK5 (NAND1)
DSK7 (NAND4)
DSK8 (NAND2)
DSK9 (NAND3)

メイン画面はタッチパネル非搭載でした。MPU は第1世代特有の東芝製。Gine が使えます。ハードに関しては PW-AC880 と同一なので、スペックなどもほぼ同一になっています。

PW-AC830 の詳細[]

パーツの配置も PW-AC880 と同一。部品を使いまわすことも可能だった。

駆動時間と重量[]

公称80時間。実は2016年モデルの PW-SH3 より長時間の駆動が可能だったりします。しかし重量はなんと360g。ただ、重たいのはキーボード側なので、同時期の競合機種に比べて安定性に優れていました

コンテンツ[]

PW-AC880 から60コンテンツも削られて、40コンテンツ。もっとも、「大辞林」「ジーニアス英和/和英辞典」などのコンテンツはキッチリ搭載されています。おもに削られているのは「生活」とか「ビジネス」とかのコンテンツが中心ですから、あまり差し支えは無さそうです。

筐体の各部品[]

PW-AC880 とそう変わんないです。というかほぼ同じです。まず、USB は第1世代特有の Mini-B タイプです (PSP やシグマリオン3と同じ)。また、USB バスパワーには対応していないので、AC ジャックから給電を受けることになります。「F」と「J」キーにはポッチがあり、タッチタイプに配慮しているようです。そして決定キーはやっぱりでかいです。それに比べて、十字キーは異常にちっちゃいです。メイン画面はタッチパネル非搭載のはずですが、このボタン配置で果たして操作しやすかったのでしょうか... そしてスピーカーなのですが、電子辞書のくせしてステレオスピーカーで、内部にヤマハの LSI を搭載しています。

動作速度[]

遅いです。

その他[]

メイン画面はタッチパネル非対応ですが、サブタッチパネルがあるためスタイラスは付属してきます。また、この機種を含む第1世代の各機種では、まれにバックライト部の初期不良が認められるようです。

Advertisement