Brain Wiki
Advertisement

Brain シリーズ唯一のワンセグ搭載モデル「PW-TC980」の解説です。

PW-TC980 とは[]

先行して発売されていた PW-AC880 と似ているが、ワンセグ受信用アンテナがちゃんと付いている。

発売日[]

2008年12月5日。ギリギリ2008年モデルとなりました。

スペック[]

(詳細は第1世代参照)

活用の可否 Windows CE 利用可
CPU ARM926EJ-S (ARMv5TEJ)
MPU 東芝 TMPA910CRAXBG
RAM 64MB
ディスプレイ 5型高精細HVGAカラー TFT 液晶
メイン画面にタッチパネル搭載
サブタッチパネル 128x98
ストレージ DSK1 (SD カード)
DSK5 (NAND1)
DSK7 (NAND4)
DSK8 (NAND2)
DSK9 (NAND3)
その他 1セグメント放送受信用チューナーとアンテナを搭載。オーディオチップにヤマハの LSI を採用。

Brain において初めてメイン画面にタッチパネルが搭載された機種でもあります(当時は「Wタッチパネル」と銘打って発売されていました)。また、ヤマハのオーディオチップを積んでいます。そして、やはり特筆すべきはワンセグの視聴に対応している点ではないでしょうか。ちなみに、ワンセグのフレームレートは 15fps、ワンセグ放送自体の動画規格は H.264、オーディオ規格は AAC、最大解像度は 320x240 ですが、全く同じ設定でエンコードした動画を TCPMP などで再生しても、カクついてうまく再生できません。内部で何が起きているのかが気になるハードです。

PW-TC980 の詳細[]

いろいろとてんこ盛りなハード。SD カードはフルサイズのものに対応。だがしかし SDHC 非対応。

駆動時間と重量[]

公式発表では、

  • 辞書使用時 連続80時間
  • ワンセグ視聴時 連続7時間

とのこと。減りすぎ。重量は驚きの379g。Brain シリーズでも最重量級のデバイスです。

コンテンツ[]

PW-AC880 に引き続き100コンテンツを収録。なりふり構わず詰め込まれています。

筐体の各部品[]

ただでさえ USB 給電に対応していないため AC ジャックを別付けしているのに、さらにワンセグ受信用アンテナがついているおかげで、電子辞書らしからぬ端子類の多さが目立ちます。

USB は第1世代ならではの Mini-B 端子。SD カードは microSD ではなく、通常の SD。イヤホンジャックは PW-AC880 よりも若干手前に移動してきたものの、左側にあるのは変わらず。10年経ってもここだけは変わりませんね。充電中はパイロットランプが点灯します。そしてキーボードですが、タッチタイプが一応考慮されています。ただまあ、できるできないは別問題です。また、メイン画面にタッチパネルを搭載したことで、便利になりました。スピーカーはやはりステレオスピーカー、ヤマハの LSI も積んでいます。

動作速度[]

それなりに重いです。第1世代はほとんどこんな具合ですね。ただし、ワンセグはコマ落ちも無く、普通に試聴できます。不思議です。

その他[]

マニュアルがやたら分厚いです。300ページ以上はあります。また、ワンセグの受信感度は周辺の状況に左右されます(例えば、周辺に何もない中に建っているマンションの高層階などではアンテナを出さなくても、かなり高感度で受信できます)。

Advertisement