Brain Wiki
Advertisement

TestCE は Nexhawks 氏が Brain 活用の最初期に開発したアプリケーションであり、タスク管理を容易にしました。今では ceOpenerSelector 等、TestCE よりも使いやすく高機能なアプリはありますが、TestCE にしか含まれていない機能 (CAB インストール) もあるため Brain への導入をおすすめします。

TestCE のダウンロード

メイン画面[]

TestCE を起動すると "TestCE - http://tcppjp.ddo.jp/tn/testce.shtml" と書かれた画面が表示されます。この画面で音量調整、CPU 使用率の確認、RAM 使用量の確認ができます。右上のボタン群は左から順に "Run..."、"Explorer"、"Install CAB..."、"Task Manager..."、"Config..."、"About..." を呼び出すことが可能です。

File メニュー[]

File メニューを押すと "Run..."、"Exploer"、"Install CAB..."、"Exit"、"Shutdown..." の項目があります。

  • Run...: Windows PC の "ファイル名を指定して実行" に当たる機能です。
  • Explorer: Windows CE 標準搭載のファイルマネージャーを起動します。
  • Install CAB...: Cab で配布されている Windows CE アプリを Brain にインストールする機能です。
  • Exit: TestCE を終了します。
  • Shutdown...: Brain をシャットダウン(リセット)します。

Tools メニュー[]

Tools メニューを押すと "Config..."、"Task Manager..."、"TaskBar Test"、"Memory Browser..." の項目があります。

  • Config...: TestCE の設定を変更できます。
  • Task Manager...: 起動中のアプリの一覧表示、終了、強制終了、手前への切り替え等が可能です。
  • TaskBar Test: Windows CE 標準のタスクバーを表示しようとする機能です。
  • Memory Browser...: RAM のデータを表示することが出来ます。

Display メニュー[]

Display メニューを押すと "Main"、"Sub"、"MR" の項目があります。

  • Main: 画面の明るさを変えることができます。"Level 1" が最も暗く、"Level 5" が最も明るいです。
  • Sub: サブディスプレイの ON/OFF を行います(多分)。
  • MR: MR センサを ON/OFF を切り替えます。OFF にすると画面を閉じても電源が切れなくなります(第2世代以降では正常に動作しないことがあります)。

Help メニュー[]

Help メニューを押すと "Contents..." と "About..." の項目があります。

  • Contents...: Actung! Attack to Castle Wolfenstein というミニゲームです。Selector にはこれの改良版が内蔵されています。
  • About...: TestCE についての情報です。

切替キーメニュー[]

切替キーメニューの例

TestCE の起動中に切替キーを押すことで画面左上に簡易的なメニューが表示されます。なお、Selector を起動している場合には切替キーメニューは表示されず、Selector の呼び出しが優先されます。また、第3世代以降では切替キーが削除されているため、通常では切替キーメニューは使用できません(Screen Keyboard 等のアプリで F6 キーを押すことで表示可能です)。

  • Current: 現在最前面にあるアプリ名画表示されます。
  • Start: TestCE メイン画面の右上のボタン群を呼び出します。
  • Close Current Win.: 最前面にあるアプリを終了します。Close を選択するとアプリの終了、Destroy を選択するとアプリの強制終了をします。
  • 起動中のアプリ一覧
  • Cancel: 切替キーメニューを閉じます。

CAB インストール[]

Windows CE 用アプリケーションには、CAB 形式で配布されているものがあります。これらを使うためには、File -> Install CAB... もしくは黄色い箱のアイコンから CAB インストールを行う必要があります。解凍されたファイルは \Program Files や \Windows フォルダに出力されることが多いですが、このままだとリセットした時に消えてしまうので \Storage Card か \NAND3 に移動しておくことをおすすめします。

Advertisement